2011年12月28日

立ち上がりのコンクリート打ち

s2011_1228 043.jpg
s2011_1228 024.jpg

s2011_1228 027.jpg

s2011_1228 058.jpg

内側に型枠を立て、外周のみ布基礎を立ち上げています。
立ち上がりはGL+300ミリと告示の規定寸法ちょうどとし、何時もよりも低めに設定しています。
1階床高さはGL+780ミリと逆に何時もより高めに設定しています。
床高さを高くしているのは、南面に建つマンションの日影の影響を僅かでも避けたいためです。冬季の日照を少しでも得ようと考えました。

普通は基礎上に土台を乗せ、その上に根太、下張り、床仕上げの順となります。しかし、ここでは土台の上に足固め、あるいは地貫を設け、軸組みの足元の固めとしての効果を得ようとしています。
床下のボリュームも大きくなりますので、収納等へ有効な利用を考えていくことになると思います。

布基礎も3間角ですので、コンクリートのボリュームも少ないため、ネコ車で打設となりました。
午後からは天端を押さえ、レベラーで均して基礎工事は完了となります。スポンジを裏打ちした養生シートで養生して年内の工事も終了です。年末から年始の休みの期間が型枠の存置期間となり、十数日間は取れますので冬季においても都合よい時間の使い方になりました。

[2011.12.28]


posted by 太郎丸 at 20:05| Comment(0) | 小さな木組みの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

耐圧盤にコンクリートを打つ

s2011_1226_ 016.jpg
s2011_1226_ 046.jpg

s2011_1226_ 058.jpg

年も押し迫りあわただしくなってきました。
今日はコンクリートの打設が行われますが、現場ではすでにアンカーボルトや補強筋などが早朝からの仕事で完了していました。
コンクリートの打設にはポンプ車などが使われますが、ここでは規模も小さいこともあってシュート打ちです。
ミキサー車で2台、7立方M程度の量が打設されました。
耐圧盤は平らに仕上げなければなりませんから、レベルでその天端位置を測りながらトンボで均します。

午後からはコテで表面を押さえ、養生シートで覆って完了となります。
[2011.12.26]

s2011_1226_ 063.jpg
posted by 太郎丸 at 18:58| Comment(0) | 小さな木組みの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

型枠・鉄筋組立・配筋検査

s2011_1222_002.jpg
s2011_1222_008.jpg

型枠が組まれ、鉄筋の組み立てが行われています。中央に見える溝は地中梁で、建物外周部と同様に梁型としての配筋をしています。
木造住宅といえどもコンクリートの工事は、RC造と同様に行う必要があります。

ベタ基礎形式といっても耐圧盤は地面を鋤取って、その上に載る位置関係になりますので、リブをつけて全体で一体性を高めることが必要になります。

s2011_1223_ 001.jpg

s2011_1223_ 014.jpg

建物の内部に地中梁を設けない場合には、布基礎を立上げ、それを梁と考えた形状で作れば良いと考えることでも良いかもしれません。下で考えるか上で考えるかということです。

こういった耐圧盤の上に布基礎で、という形はよく見かけ、むしろ普通に施工されているように思います。ただ、布基礎を建物内に縦横に配置すると床下点検口などの切り欠きは原則不可と考えなければなりません。布基礎を梁とする必要があるためです。しかし、気になるなあ、というような工事現場を見かけることもまだまだありますね。すぐに故障が出ることはないかもしれませんが、造り方としては注意が必要と考えています。

[2011.12.21-23]


s2011_1223_ 006.jpg◆配筋検査について
posted by 太郎丸 at 12:24| Comment(0) | 小さな木組みの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

土工事・地業工事・捨てコン打ち

s2011_1219_008.jpg
s2011_1219_015.jpg 
s2011_1220_ 018.jpg

s2011_1220_ 139.jpg

地面が掘られて、割栗石が敷き詰められます。小端立てに並べ転圧、目潰し砂利を詰めて、平らに仕上げます。

この上に捨てコンクリートを打ちますので、できるだけこの段階で形を整えておくことが、次の仕事の出来を左右することになります。

まだ、ミリ単位での精度を要求する工程ではありませんが、建築の工事では、今の工程の前の工程の出来が、今の工程の出来を左右することが多いものです。

既製品や規格のあるものを設置したりすることでなく、手で行う仕事の工程では基本的にはそのようになります。特に、職種がバトンタッチしていくような場合にはなおさらです。 

捨てコンはベタ基礎コンクリートの型枠となりますので、台形状にコテで形作ってもらいます。斜め部分も流れ落ちることなく、コンクリートには適度の粘りがあることが分かります。


[2011.12.19・20]


ss-2011_1220_ 156.jpg
posted by 太郎丸 at 14:32| Comment(0) | 小さな木組みの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

水盛り遣り方・・・建物の位置基準を決める

s-2011_1216_ 053.jpg
水盛り遣り方は建物の基準高さと建物位置を決める重要な工程です。
水盛りについては、ここの絵巻で解説しているように、水を使って水平を出していたことに由来しています。敷地は若干傾斜していることもあり、降雨時に水溜りもできるなどの状況があって、現状地盤よりも幾分高い位置にGLを設定しました。
地盤調査の結果からは、表土のすぐ下でも良好な地盤の状態となっていることもあっての判断でもあります。
s-2011_1216_ 031.jpg

s-2011_1216_ 043.jpg
敷地は若干傾斜していることもあり、降雨時に水溜りもできるなどの状況があって、現状地盤よりも幾分高い位置にGLを設定しました。地盤調査の結果からは、表土のすぐ下でも良好な地盤の状態となっていることもあっての判断でもあります。

ベンチマーク(B.M.)は向かいのマンションの花壇の立ち上がりの天端に設定しました。
水平基準を追いかける場合に、最近ではレーザーレベルを使うことが多いため、ピッピ、

ピッピ、ピピピピ〜と検地音がこの作業のお決まりの音となったような感じです。
B.M.から○○ミリ上がりを遣り方天端とし、そこから△△ミリ下がりを基礎天端とすると決めれば、建物の高さ基準は、B.M.からいつでも追いかけることができるので、レーザーレベルがあれば、高さの水平基準出しは容易になって、いつでもできるようになっています。 

s-2011_1216_ 074.jpg
遣り方には敷地に対する建物位置の決定というもう一つの役割があるので、無くなることはないでしょう。この方法は古より変わっていません。使う計測道具は変わっても工法の原理はそのまま今でも、これからも変わらないでしょう。
建物位置を決定する際に最も重要なことは、梁間、桁行きの直交する通り芯を正確に遣り方貫上に落とすことです。トランシットなどを使うこともありますが、ここではカネピタ。3:4:5の比で三角形を作くる大矩(おおがね)も最近はなかなか見ませんね。
カネピタは商品名で「矩がピタッと出せる」という意味だと思います。二つの二等辺三角形の頂点と底辺の関係から直角を求めるという原理は単純です。
s-2011_1216_ 077.jpg
来週から土工事が始まります。師走も年の瀬へと押し迫ってくると、天候に左右される工程だけに天気予報が気になります。
予報では、この1週間は太陽が出てくれそうです。
[2011.12.16]

posted by 太郎丸 at 17:05| Comment(0) | 小さな木組みの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。