2012年01月12日

下小屋では刻みが進む

s2012_0112_ 018.jpg
建て主さんと一緒に刻みの進捗を確認に下小屋へ。
架構に関して、取り合いの複雑なところもありませんし、すでに図面や模型で確認していますので、特別に打ち合わせするということは、この段階では特にありません。

s2012_0112_ 016.jpg

s2012_0112_ 012.jpg

大黒柱に使う角材をはじめて確認しました。暮れに下小屋に伺ったときには暗いこともあって、十分確認ができませんでした。
分合せもしていますので、削られた表面は赤白のはっきりした荒々しさのあるものでした。部分的にはへこみ等もあり他の材料との交換をするかどうか、棟梁も迷っているとのこと。

しかし、建て主判断でこの木を使うことに決定。むしろ、この木の個性的な表情、丸身などもかえってご自身の家にはぴったりと判断されました。これもひとつのご縁です。

表情の荒さや通常は欠点とされる面の状態などをどのように仕上げるのかがポイント。
普通は鉋仕上げでということになりますが、ここは棟梁の提案で浮造りで仕上げることにまりました。
[2012.01.12]



posted by 太郎丸 at 21:14| Comment(0) | 小さな木組みの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。