2011年12月28日

立ち上がりのコンクリート打ち

s2011_1228 043.jpg
s2011_1228 024.jpg

s2011_1228 027.jpg

s2011_1228 058.jpg

内側に型枠を立て、外周のみ布基礎を立ち上げています。
立ち上がりはGL+300ミリと告示の規定寸法ちょうどとし、何時もよりも低めに設定しています。
1階床高さはGL+780ミリと逆に何時もより高めに設定しています。
床高さを高くしているのは、南面に建つマンションの日影の影響を僅かでも避けたいためです。冬季の日照を少しでも得ようと考えました。

普通は基礎上に土台を乗せ、その上に根太、下張り、床仕上げの順となります。しかし、ここでは土台の上に足固め、あるいは地貫を設け、軸組みの足元の固めとしての効果を得ようとしています。
床下のボリュームも大きくなりますので、収納等へ有効な利用を考えていくことになると思います。

布基礎も3間角ですので、コンクリートのボリュームも少ないため、ネコ車で打設となりました。
午後からは天端を押さえ、レベラーで均して基礎工事は完了となります。スポンジを裏打ちした養生シートで養生して年内の工事も終了です。年末から年始の休みの期間が型枠の存置期間となり、十数日間は取れますので冬季においても都合よい時間の使い方になりました。

[2011.12.28]


posted by 太郎丸 at 20:05| Comment(0) | 小さな木組みの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。