2011年10月30日

SS試験(地盤調査)

地盤調査は建築を建てる場合に必須の項目になっています。東日本大震災でも地震による木造建物被害がマグネチュードの大きさに比して少なかったとされていますが、斜面の崩落や液状化など地盤の不具合によって建物被害を受けた例+は多数見られました。

s2011_0818_015.jpg
s2011_0818_013.jpg夏の暑い時期にSS試験を行っています。最近のSS試験は全自動の調査機が使われることが多くなりました。
オペレターが一人でも調査が可能であるということが大きな理由と考えられます。
試験データにもばらつきも少なくなるということもあるでしょう。
立ち会っている方からすると人力の場合のほうが、錘の垂下の様子などが見ていて分かりやすいという利点はあったのですが。 

ここではいたって良好な地盤として評価されました。
住宅瑕疵保険の申込みの書類としても調査報告書が求められています。ますます、地盤の確認が重要な事前調査となっています。

[2011.08.18]


posted by 太郎丸 at 16:33| Comment(0) | 小さな木組みの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。